ランキング参加中です。応援クリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2014年07月19日

コーディングを支える技術






今回は、

コーディングを支える技術
~成り立ちから学ぶプログラミング作法

紹介します。



去年の今頃、

「なぜ言語設計者はこの文法をつくったのか」

という宣伝文句に興味を惹かれ読んだ一冊です。



プログラミングが好きで、

歴史好きな私には結構 楽しく読めた一冊 でした。



この本のテーマは、裏表紙に書かれていて
本書は、プログラミング言語が持つ各種概念が「なぜ」存在するのかを解説する書籍です。
世の中にはたくさんのプログラミング言語があります。
そしてプログラミングに関する概念も、関数、型、スコープ、クラス、継承など、さまざまなものがあります。
多くの言語で共通して使われる概念もあれば、一部の言語でしか使われない概念もあります。
これらの概念は、なぜ生まれたのでしょうか。

本書のテーマは、その「なぜ」を理解することです。
ということです。

目次は、
第1章:言語を深く効率的に学ぶには
第2章:プログラミング言語を俯瞰する
第3章:文法の誕生
第4章:処理の流れのコントロール
第5章:関数
第6章:エラー処理
第7章:名前とスコープ
第8章:型
第9章:コンテナと文字列
第10章:並行処理
第11章:オブジェクトとクラス
第12章:継承によるコードの再利用
こんな感じで、

これらの各概念を各章で言語の比較や歴史からといった切り口で説明してあり、

とても読みやすかったです。


例えば、

「if文」だとif文が生まれる前のアセンブラとC言語との比較をしながらの説明

「エラー処理」だと「戻り値でのエラー処理」から始まって「例外」が生まれてからその進化を追った説明

といった感じです。



この本は、初心者向けということで、

コードや図を多く使って丁寧に説明しているし、

言語をどのように勉強すればいいかといった心構えや

その進め方がコラムとして書かれていたりして、

私も 『 もっと早くに読んでおきたかったなぁ 』 と思いました。
といっても、私がコード書き始めたころにはまだ出版されてませんでしたが...



ある程度の経験者にはちょっと冗長な説明もありますが、

そういったところはサラッと読み飛ばして、

興味のあるところだけ読むといった読み方もできます。



あと、本の中にも書かれていますが、

コードを書くにあたって、

言語ごとのハウツー的な知識も大事ですが、

今後どんな言語が出てきても応用が利く抽象的な概念を理解するのが

もっと大事だと思いますので、

特に、

コードを書き始めた若い人には、ぜひ読んでほしい一冊です。


amazon楽天books

コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB DB PRESS plus)


コーディングを支える技術 〜成り立ちから学ぶプログラミング作法 [ 西尾泰和 ]


よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
posted by そらてん at 11:17 | Comment(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。