ランキング参加中です。応援クリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2014年05月23日

More Effective C#

今回は、
「More Effective C#」
です。

6年くらい前から仕事で「C#」を使い始め、ある程度自由にコーディングできるようになった後、より良いコードを書きたいと思って読んだ本です。

まず、目次はこんな感じです。
第1章 ジェネリック
第2章 C#におけるマルチスレッド
第3章 C#の設計実践
第4章 C#3.0の新機能
第5章 LINQの操作
第6章 その他


一番「へー」と思ったのは、「第4章 C#3.0の新機能−項目33 束縛変数の変更を避けよ」で
int index = 0;
var sequence =
() => Utilities.Generate(30, () => index++);

index = 20;
foreach(int n in sequence())
Consolo.WriteLine(n);
Consolo.WriteLine("Done");
index = 100;
foreach(int n in sequence())
Consolo.WriteLine(n);

このコードは、20から50、100から130の数値を表示します。
C#コンパイラは、クエリとラムダ式を静的デリゲート、インスタンスデリゲート、クロージャーに変換します。


この後、C#コンパイラがどのような裏仕事をしているかをコードを使って説明されていて非常にわかりやすかったです。私自身ここでの説明でクロージャーのことがなんとなく理解できました。



このように、この本は表面的なところにとどまらず、一段深いところの動きが説明されています。

まっ、これらのことを知らなくてもコーディングはできますが、

知っていると違ったデザインができたり、トラブル対応にも役立つと思います。

他のメンバーにプチ自慢もできますし。。。


一歩上のC#使いになりたい人にはおすすめの一冊です。



この本とは直接関係ないですが。。。
ジェネリックつながりということで。。。

いまだにArrayListを書いてるコーダーを最近見ましたが、
いい加減ジェネリックなコンテナを使おうよ!!
今はもうC#5.0ですよ。



amazon

More Effective C#

新品価格
¥3,888から
(2014/5/23 07:49時点)




楽天ブックス

More effective C# [ ビル・ワグナ- ]

価格:3,888円
(2014/5/23 07:51時点)
感想(0件)


よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
【技術書の最新記事】
posted by そらてん at 08:40 | Comment(0) | 技術書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。