ランキング参加中です。応援クリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2014年05月19日

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ポール・グレアムの著書。
私のお気に入りで何回も繰り返し読んでいます。

堅苦しくない文章で非常に読みやすく、なかなか自分の周りにいないハッカーと呼ばれる人々の話題が盛りだくさんで楽しいエッセイ集になっています。

印象に残っているのは、「第16章 素晴らしきハッカー」の「育てるには」にある
良いハッカーになる鍵は、たぶん、自分がやりたいことをやることだ。

という文で、ハッカーだけでなくどの分野でもその道を極める人には必ず必要なことですね。
自身を振り返るとコーディングは好きだけど、それ以外にもやりたいことがあったりして。。。
絶対ハッカーにはなれそうもないです。(笑)

前回の「Joel on Software」はチームに、この本は個人に焦点が当たっていて、両方を読み比べると考え方のバランスが取れていいかもしれません。



amazon

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

新品価格
¥2,592から
(2014/5/20 08:11時点)



よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
posted by そらてん at 08:16 | Comment(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。