ランキング参加中です。応援クリックをお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
2014年05月31日

The Root of .NET Framework

今回は、中級者以上にお勧めの

The Root of .NET Framework

を紹介します。


この本は、仕事で初めてC#を始めたころに
その実行基盤の.NETのことを勉強しようと思って読んだ本です。

Win32APIから.NET Frameworkへの歴史からはじまり

技術的に割と奥深くまで入り込んだ話が多くて

例えば、

CLI、OSローダー、クラスローダー、ガベージコレクタ、
プロセス、スレッド、アセンブリキャッシュ
などなど

普段のアプリケーション開発時にはあまり意識しないレベルの話題が盛りだくさんです。
(普段ガベージコレクタのヒープ状態なんか調べませんよね)

小難しい内容を扱ってる割にはわかりやすく説明してあります。

このような低レベル(ハードに近い方)な情報がまとまっている書籍はあまりないので非常に重宝しました。


.NET Frameworkの深いところに
興味がある技術者におすすめ
の一冊です。

逆に興味がない人が読むのには結構きつい本だと思います。


amazon楽天books

The Root of .NET Framework


The root of .NET Framework [ 荒井省三 ]


よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
posted by そらてん at 16:35 | Comment(0) | 技術書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月30日

paiza

今回は、WEB上から

paiza

というサービスを紹介します。


サービスの内容は、

paizaは、コードを書いて書類選考なしで面接に進める、まったく新しいカタチの転職サービスです。

ということですが、転職を考えていない人でも試せる

コーディングスキルチェック

というサービスがあります。


これは、「xxxxするプログラムを書いてください。」というような問題があり、それを解くコードを提出すると、そのコードに点数をつけてくれるといったものです。

点数は、
・テストケースの正答数
・コード提出までの時間
・コードの実行速度
を元に100点満点でつけられます。


また、問題のランクとして、最高ランクの『S』、『A』〜『E』があり、
いろんなレベルのコーダーがチャレンジできるようになっています。


また、使用言語も豊富で
Java,PHP,Ruby,Perl,Python,C,C#,C++,JavaScript
これだけあります。


自分にどの程度のスキルがあるかを客観的に知りたいという方は、
ものさしの一つとして一度試してみてはいかかですか?


ただし、上のランクの問題は時間に余裕があるときに始めることをお勧めします。
一度、『S』ランクの問題をPM11:00くらいから初めてAM4:00くらいまでかかって完成させたのですが、そのコードの点数は『15点』でした。
やはり徹夜でコードを書くのは危険ですね。



よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
posted by そらてん at 08:24 | Comment(0) | WEB情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月28日

人月の神話

今回は、定番中の定番の

人月の神話

を紹介します。


ブルックスの法則

銀の弾はない

で有名ですね。



この本は、ソフト責任者とチーム編成でもめたときにその人と勝負するために読んだ本の中の一つです。

私はひとつ前の新装版(赤と白の表紙)を読みました。


この中で「そうそう」と納得したのは「外科手術チーム」の章です。

うまくいっていないチームにはリーダー的な人(執刀医)がいない場合が多いですね。



あと、「パイロットシステム」も「そうそう」でした。

でも、一回作ったら出来が悪くても、それにしがみつく技術者は多いですが。。。

それは工数的に厳しいからかな?

でも、後々のことを考えると勇気をもって早めに作り直すほうがよい場合が多いような気がします。


定番なのでソフト開発者であれば一読してもらいたい一冊です。




amazon

人月の神話【新装版】




楽天ブックス

人月の神話 [ フレデリック・フィリップス・ブルックス ]




よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
posted by そらてん at 20:42 | Comment(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月24日

Coders at Work

今回は、
Coders at Work プログラミングの技をめぐる探求
を紹介します。


世界的に有名なコーダー15人に対してのインタビュー集です。
(私はほとんどの人を知りませんでしたが。。。)
良いコードを書くために役立つかなと思い読んでみました。


15人がどんなことした人達かというのは、こちらで

ちなみに、googleで名前検索したヒット件数は、サイモン・ペイトン・ジョーンズさんが一番でした。
Haskellの設計、実装した人のようです。Haskellは知ってましたが、普通その設計者までは知りませんよね。


著者がこの人たちに共通すると感じたのは
・読めるコードを書くことが重要。
・最も難しいバグは並行プログラミングにおけるバグ。
・ソフトウェアを書くためのより良い方法を今も探し続けている。
・マルチコアCPUによってソフトウェアを書く方法に大きな変化が起きると考えている。
とのことでした。

・読めるコードを書くことが重要。
 先日紹介したリーダブルコードにもありましたが、やはり何事も相手の身になってということですね。
 でも、どのくらいのスキルの人を想定するかが悩ましいところですが。。。

・最も難しいバグは並行プログラミングにおけるバグ。
 あと、メモリーリークしても中途半端に動く場合も厄介ですね。
 いまどきは言語側でメモリーリークしにくいようになってますけど。。。

・ソフトウェアを書くためのより良い方法を今も探し続けている。
 続けることって大事です。私もがんばります。

・マルチコアCPUによってソフトウェアを書く方法に大きな変化が起きると考えている。
 コード側では意識しない方法でよろしくお願いします。 <- めっちゃ人任せ(笑)



結構文字数のある本で、読むのが大変なので

有名なコーダーの略歴や考えに興味のある方

は読んでみてはいかがでしょうか。



あと、私が印象に残っているのは、
ほとんどの人が
 デバッグする時のツールはPrint文
と言ってたところです。
秘密兵器的なツールがあるのかと思いきや、やはりPrint文が基本なんですね。




amazon

Coders at Work プログラミングの技をめぐる探求

新品価格
¥3,024から
(2014/5/24 11:44時点)




楽天ブックス

Coders at Workプログラミングの技をめぐる探求 [ ピーター・セイベル ]

価格:3,024円
(2014/5/24 11:49時点)
感想(2件)


よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
posted by そらてん at 13:33 | Comment(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月23日

More Effective C#

今回は、
「More Effective C#」
です。

6年くらい前から仕事で「C#」を使い始め、ある程度自由にコーディングできるようになった後、より良いコードを書きたいと思って読んだ本です。

まず、目次はこんな感じです。
第1章 ジェネリック
第2章 C#におけるマルチスレッド
第3章 C#の設計実践
第4章 C#3.0の新機能
第5章 LINQの操作
第6章 その他


一番「へー」と思ったのは、「第4章 C#3.0の新機能−項目33 束縛変数の変更を避けよ」で
int index = 0;
var sequence =
() => Utilities.Generate(30, () => index++);

index = 20;
foreach(int n in sequence())
Consolo.WriteLine(n);
Consolo.WriteLine("Done");
index = 100;
foreach(int n in sequence())
Consolo.WriteLine(n);

このコードは、20から50、100から130の数値を表示します。
C#コンパイラは、クエリとラムダ式を静的デリゲート、インスタンスデリゲート、クロージャーに変換します。


この後、C#コンパイラがどのような裏仕事をしているかをコードを使って説明されていて非常にわかりやすかったです。私自身ここでの説明でクロージャーのことがなんとなく理解できました。



このように、この本は表面的なところにとどまらず、一段深いところの動きが説明されています。

まっ、これらのことを知らなくてもコーディングはできますが、

知っていると違ったデザインができたり、トラブル対応にも役立つと思います。

他のメンバーにプチ自慢もできますし。。。


一歩上のC#使いになりたい人にはおすすめの一冊です。



この本とは直接関係ないですが。。。
ジェネリックつながりということで。。。

いまだにArrayListを書いてるコーダーを最近見ましたが、
いい加減ジェネリックなコンテナを使おうよ!!
今はもうC#5.0ですよ。



amazon

More Effective C#

新品価格
¥3,888から
(2014/5/23 07:49時点)




楽天ブックス

More effective C# [ ビル・ワグナ- ]

価格:3,888円
(2014/5/23 07:51時点)
感想(0件)


よかったら応援クリックをお願いします。m(_ _)m
posted by そらてん at 08:40 | Comment(0) | 技術書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。